FC2ブログ

XR650R FCR改造

XR650RへFCR41を付けようとするとタンクの構造上キャブを少し斜めに取り付けなくてはならない

これは社外品のIMSやクラークの燃料タンクでも同じ

スロットルが右引きの為

垂直に付けようとするとスロットルと燃料タンクとのクリアランスが無くなってしまいます。

その為 これまでキャブを斜めに傾けて付けていました。

斜めだからと言ってエンジンが、かかりずらいとか特に不具合は無かったのですが、

いかんせ エキパイとキャブのクリアランスが5mm程しか無いのは、いかがなものか?

当然高温になるエキパイが直ぐ横に有るからキャブにも その熱が伝わってしまって

大変よろしくない

そこで考えたあげく

いっそ右引きを左引きに改造してしまえ~!!

って事で始まったFCR左引き改造計画

とりあえずスロットルシャフトを製作

スロットル部分を左側へ移動させないとならないので

その分 左側を延長

シャフトを支えているベアーリングも袋状のニードルベアーリングから貫通タイプのベアーリングに交換

スロットルスプリングも左側へ持っていきたかったけど、左側へ付けるとなると

スプリングの巻きが逆になってしまうので

それは不可能

スプリングは右に残したまま 右側の出幅を削って なおかつスロットルの上側も削ぎ落さないと

タンクとのクリアランスを確保できない

極限まで無駄な部分を削ぎ落して完成した左引きFCR

実用性重視なので作りは雑ですが、機能的には理想道理

タンクとのクリアランスもエキパイとのクリアランスもしっかり取れて

めでたくキャブを垂直に装着できるようになりました。
IMG_0504.jpg
アイドリングのスクリューも左側へ移設
IMG_0541.jpg

IMG_0588.jpg

IMG_0478.jpg
右端を5mm短縮に成功
IMG_0591.jpg

IMG_0546_20190511072629819.jpg
写真では分かりずらいですが加速ポンプとエキパイの間が広がりました。
IMG_0586.jpg
加速ポンプのロッドはラジコンヘリコプターのローター部分に使われているリンクロッドを流用
IMG_0595.jpg
アイドリング調節スクリューは左側にしたら 固定する場所が無くなってしまったので

クラッチワイヤーの取り付け部分にステーを付けて固定





スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村