FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPS&スロットルバルブ ガイド取り付け

息子とキャブを交換して乗ってますが、FCRってTMR-MJNと比べるとセッティングも出しやすく

また季節の変わり目などに微調整する手間もなくて扱い安くて良いんだけど

長年使ってたりアクセル一定で走る乗り方するとスロットルバルブのガイドローラーがボディーに当たる部分が

摩耗してしまい クボミができてしまい アクセルを開閉する時に引っかかって引き始めが一瞬重く感じるし

酷くなるとバルブがボディーに張り付いてアクセルが戻らなくなってしまいます。

それを解消するにはローラーをワイドタイプに交換するのが一番安価で手っ取り早いけど

結局の所 摩耗した所を幅の広いローラーで跨ぐだけなので、いつかまた摩耗して同じようにクボミができてしまう。

以前ワイドローラーを購入して装着していましたが、今回は樹脂のガイドを挿入してバルブのローラーはベアーリング直

のタイプに交換
IMG_2246_20180422201204d22.jpg
いつもフラットバルブを外した時に思うんだけど なんで一個だけベアーリングじゃないんだろう?
IMG_2247.jpg
そのベアーリングが無い部分のシャフトを抜いて ベアーリングが付いているシャフトをバイスに挟んで圧入

あとはガイドを付けた状態でボディーに滑り込ませて装着完了
IMG_2277.jpg
これでひとまず安心と 

次はキャブをバラしたついでにTPSを取り付けてみました。

いろいろネットでしらべてみると

ウオタニのSP2にTPSを付けると燃費も伸びるし低速トルクのUPに繋がって良い事ばかり

そんなの見てしまったら付けたくなるよね~

CB純正のTPSは1万超え スズキのDRZ400Eは純正でFCRを採用していて しかもTPS付き

部品も流用できるし しかもCBの半値

って事でDRZ用のTPSを採用

早々注文して装着
IMG_2279.jpg
まずはステーを固定する為のボルト用の穴にタップ立てて
IMG_2280.jpg
そのままつけてしまうとTPSが何かの拍子で動いてしまうと中の爪がおれてしまうので

なるべく動かないようにアルミプレートを加工してステーと共閉め
IMG_2282.jpg
TPSを取り付けてテスターでアイドリング時の電圧が規定範囲内に納まるように取り付け角度を微調整して終了
IMG_2285.jpg
早速試乗

確かに2千回転辺りのトルクが太くなっていて街乗りは扱い安くなりました。

TPSが無い状態でも不満は無かったのですが、付いている事に越した事は無い

これで燃費も上がればラッキー(≧▽≦)






スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村