FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気系トラブル

今年のGWに九州へ行った際

下関でレギュレーターのカプラーが溶けてしまったトラブルが、また発生

レギュレーターも対策品に交換済だしバッテリーもまだ新しい

ハーネスも交換して半年も経っていない

発電量も13.6Vと正常値にも関わらずこの有様↓
IMG_1329.jpg
なぜじゃ~ どうしてじゃ~

燃える一歩手前じゃん(;´Д`)

いろいろ調べた結果

カプラーの構造に問題有りの様

端子同士の隙間が狭すぎて そこに高電圧が流れるので熱を持ち

更に悪化するとこうなるらしい

全ての車両がこうなる訳ではないですが、少なくとも息子のもカプラーが溶けてはいないですが

高熱で茶色く変色していました。

対策として発電機からレギュレーターまでの配線を一回り太いのに交換して3ピンのカプラーを廃止

1本づつ単独で接続

その結果 熱は持たなくなりました。


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村