FCRリターンスプリング交換

FCRってリターンスプリングが強すぎて

アクセルが重い(T_T)

そこでリターンスプリングを交換して この問題を解決するわけだけど

メーカーから出ているスプリングは

4連キャブ用、ツインキャブ用、シングルキャブ用の3種類
fcr5.jpg
当然シングルキャブ用が一番軽いわけなので

迷わずシングルキャブ用と交換してみた
fcr2.jpg
メチャ軽くなった(((o(*゚▽゚*)o)))



軽すぎてアクセルが戻らない( ノД`)

こりゃダメだ

となるとツインキャブ用しか無いんだけど

そのツインキャブ用のリターンスプリングはメーカー欠品

幸いにも師匠がFCRからTMR-MJNに交換したのでFCR使わないので今付いているリターンスプリングを

譲ってあげるよと神の声

お言葉に甘えさせていただいて送ってもらっていたので

付け直し
fcr6.jpg

ついでにFCRの欠陥

スライドバルブのローラーをワイド化して摩耗したボディの溝を跨ぐ形で補修
fcr7_20170915123910dca.jpg

でも最終的には、このワイドローラーで跨いだ部分も摩耗してしまえば

スライドバルブとボディ側のクリアランスが無くなって張り付き状態になり終了

キャブを新品に交換するか他の手を考えないとならないけど

ひとまず これで我慢


同調取って
fcr1.jpg
作業終了

おお~~~~~ アクセルしっかり戻るし 程よい重さ いい感じ~~\(^o^)/



スポンサーサイト

草刈り機

朝off車用のガレージに行ってビックリ!!

なんだこれ!?Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

tonneru8.jpg

息子に聞いたところ

会社帰りに大井川の土手を走って来るんだけど

橋の手前から渋滞しているので

土手を下りて草ボーボーの河原を走って渋滞を回避して帰ってきたそうな(;゜0゜)
IMG_3448.png



そのまま草付けたまま家まで帰ってきたんだそうです┐(´-`)┌

なんともま~(笑)

昼間は暑くて乗れません(+o+)

毎日暑い日が続きますね~

寒いのは着込めば良いけど

暑いのはね~ 脱ぐわけにもいかないし

えっ!?アキラ100%みたいに おぼん で隠して乗れって!?キャ(/ω\*))((*/ωヽ)ァァ

根性無い私は夏はバイクには乗らない!!

と言いたいところだけど

やっぱ乗りたいですよね~

遠くには行けないけど朝晩なら汗もあまりかかずに乗れるので

今日も夜勤明けで眠いけど元気に走ってきましたo(^▽^)o
FullSizeRenderOmaezaki2a.jpg

IMG_3248a.jpg

FullSizeRenderOmaezaki1a.jpg

先週末はオフ車でお出掛け( ^ω^ )
FullSizeRenderAwagatake2a.jpg

IMG_3232a.jpg

FullSizeRenderAwagatake1a.jpg

夏本番はこれから

皆さん熱中症には気を付けて楽しいバイクライフをお過ごしください(^-^)/








レギュレーター パンク予防策

FBに気になる記事が載っていた


レギュレーター故障の原因

早期にレギュレーターが破損したと問い合わせがここ数日の間に数件ありました。

詳しくお話を伺ってテスターでの計測をお願いした所、ほぼ全ての方の車両でレギュレーターへの接続端子からバッテリーマイナス端子間の抵抗値が異常に高い車両ばかりでした。
これではどんなに高性能で、オーバースペックなレギュレーターでも早期に破損してしまいます。

抵抗値が高いと始動直後からレギュレーター本体がかなり高温になり、充電電圧が低くなります。

この場合はアース線を新たに引き直す等の処置が必要です。

特に画像2のヤマハのレギュレーターはアースがボディーアースとなりますので、確実に抵抗値を測定して頂きたいと思います。
対策としてはレギュレーター取り付けボルトからバッテリーマイナスへアーシングを取るのが一番の対策です。

何度レギュレーターを交換してもすぐに壊れる等経験がある方は一度お試しください。

補修部品を販売させて頂く立場としては、レギュレーターが故障してレギュレーターを買って頂くのは嬉しい事ですが、部品を末永くご使用頂きたく思いましたのでアースの話しをさせて頂きました。


読んでいて なるほど!と思い

早々アース線を作ってバッテリーのマイナスへ直接落としてみたところ

驚きの結果が!!

我がCBメインハーネスも交換してレギュレーターも対策品に交換してあるのですが、

メインハーネスを交換したばかりの時はMAXで15.6Vも電圧が有ったのに

時が経つにつれて配線も劣化し抵抗も増えてきたようで最近はMAXで14Vが最高

しかも1500回転付近がピークで、それ以上回すと逆に電圧が下がってきてしまっていました。

たぶん古い車両にお乗りの方は、同じような状態だと思います。

本来正常なレギュレーターならばCBの場合5000回転で14V~15Vの間に収まっているはずなのに

1500回転を超えると13V代まで下がってしまいます。

これではレギュレーターに負荷が掛かっている状態で当然負荷は熱へとかわり

レギュレーターが高温になり破損の原因となるわけですね

そこでアース線をレギュレーターを固定しているボルトに繋いでバッテリーのマイナスへ直接落とします。

結果 1500回転を超えても安定して電圧は上昇 5000回転で14.6Vで安定していました。

ロングツーリング途中でレギュレーターが逝ってしまったらって考えるとゾッとしますよね

息子のCBで経験しているので この情報は助かります( ^ω^ )
IMG_3167.jpg

なんちゃってR クラッチマスターグレードUP

息子の CB1300なんちゃってR

クラッチマスターシリンダーをブレンボのラジポンの16パイから

ベルリンガーのラジポン 17.5パイに交換

ブレンボの時も軽かったけど

ベルリンガーにしたら更に凄い事に!!

流石ベルリンガー 高いだけの事は有りますね~!!

指一本でも軽々引けてしまうぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!
IMG_3166.jpg

次男の1098に付けてあげた以前使ってたブレンボ
IMG_3148.jpgこれでも同じ位の軽さなんだけどピストン径がベルリンガーのより1.5mm小さいから引きしろが大きくなってしまうんですよね~

慣れれば気にならないんだけど

いいな~ベルリンガー羨ましい!!(≧◇≦)




| NEXT>>

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村